• AFC
  • buf
  • mia
  • ne
  • nyj
  • bal
  • cin
  • cle
  • pit
  • hou
  • ind
  • jax
  • ten
  • den
  • kc
  • oak
  • sd
  • NFC
  • dal
  • nyg
  • phi
  • was
  • chi
  • det
  • gb
  • min
  • atl
  • car
  • no
  • tb
  • ari
  • la
  • sf
  • sea

ニュース

rss

ニュース詳細

故障者情報:ブラウンズQBケスラーが脳震とうプロトコル入り

2016年10月25日(火) 14:05

脳震とうを発症してフィールドを離れるブラウンズQBコーディ・ケスラー【AP Photo/Gary Landers】

脳震とうを発症してフィールドを離れるブラウンズQBコーディ・ケスラー【AP Photo/Gary Landers】
【画像クリックで拡大】

今シーズンのクリーブランド・ブラウンズは開幕以来7週間でクオーターバック(QB)を6人も起用している。

そして今、ブラウンズは7人目のQBをロースターに加えた。

ヘッドコーチ(HC)ヒュー・ジャクソンは現地24日(月)、記者に対してQBコーディ・ケスラーが脳震とうプロトコル中であると伝えた。ケスラーはシンシナティ・ベンガルズに31対17で敗戦した試合で脳震とうを発症。HCジャクソンは以前まで先発QBを務めていたものの鎖骨骨折によって離脱を余儀なくされたQBジョシュ・マッコウンが練習を再開したと明かした。HCジャクソンはベテランQBのマッコウンについて明言は避けたものの、今週末のニューヨーク・ジェッツ戦前にはより具体的な発言ができるだろうとした。

ロースター入りしているQBで健康状態に問題がないのがケビン・ホーガンのみだったこともあり、ブラウンズは24日にかつてグリーンベイ・パッカーズとニューオーリンズ・セインツでプレーしたQBジョー・キャラハンをウェイバーで獲得したと発表。キャラハンは先週、セインツから放出されていた。

『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートはNFLネットワークの『Up to the Minute Live(アップ・トゥー・ザ・ミニット・ライブ)』の中で、キャラハンの獲得は第8週に向けて調整するケスラーに少しばかりの猶予を与えるだろうと報じた。マッコウンのケガ歴や彼のプレースタイルを察するに、HCジャクソンは彼に対し、自衛もしながらプレーすることについて話すだろう。

【その他、25日に判明した各チームの故障者情報】

1.アリゾナ・カーディナルスのワイドレシーバー(WR)ジャロン・ブラウンがシアトル・シーホークス戦で膝十字靭帯(じんたい)を断裂。ブラウンは7週目に今季絶望となった。

ブラウンの離脱を受け、カーディナルスは脚力のあるWRであるJ.J.ネルソンにその穴を埋めさせる。また、鎌状赤血球貧血症と診断されて日曜日の試合に欠場したジョン・ブラウンに代わってマイケル・フロイドを起用。ブラウンが今週復帰予定であるとはいえ、2選手の離脱はレギュラーシーズンが始まってすでに多数のケガ人を抱えてきたカーディナルス攻撃陣にとって痛手だ。

2.ジェッツのQBジーノ・スミスがボルティモア・レイブンズに白星を飾った試合で膝十字靭帯(じんたい)を負傷したとHCトッド・ボウルズが発表。なお、この負傷を初めに報じたのはNFLネットワークのラポポートである。

3.シカゴ・ベアーズのQBブライアン・ホイヤーは日曜日、骨折した腕の手術に成功したとラポポーが伝えた。ベアーズは25日にホイヤーを故障者リストへ登録。HCジョン・フォックスは記者に対してジェイ・カトラー(親指)を出場可能登録したと伝えた。

4.ワシントン・レッドスキンズのコーナーバック(CB)ジョシュ・ノーマンは脳震とうプロトコル中であり、今週にもドクターの診察を受けるとHCジェイ・グルーデンが明かした。タックル(T)ブランドン・シャーフは肩関節を負傷し、CBバシャード・ブリーランドは左足首を負傷。HCグルーデンは両者とも今週は様子を見ながらプレーさせるとコメントしている。

タイトエンド(TE)のジョーダン・リード(脳震とう)が練習復帰し、オフェンシブタックル(OT)のトレント・ウイリアムスの膝も明らかな異常はないようだ。レッドスキンズにとってはいささか良いニュースが入り、明るい兆しも見えてきた。

5.グリーンベイ・パッカーズのCBダマリアス・ランドールが体幹部損傷の手術を行い、復帰には6週間ほどかかると見込まれている。ウィリアム・マイヤーズ医師が先週19日にランドールの担当医として手術を行ったとラポポートは報じた。

6.カンザスシティ・チーフスはランニングバック(RB)に関して、まだ絶体絶命の状況に追い込まれてはいない。チーフスがジャマール・チャールズ(膝)に対してかなり慎重な対応をするのも納得だ。HCアンディ・リードは「先週の試合後、チャールズの膝が痛み始めた。週を通して好不調の波が激しかった」と語り、チームが前進していくためにもテールバックが必要であるとも加えた。

7.フィラデルフィア・イーグルスのHCダグ・ペダーソンによると、CBロン・ブルックスは大腿四頭筋腱(だいたいしとうきんけん)の断裂によって今季絶望となったことが分かった。

8.カロライナ・パンサーズのHCロン・リベラはCBジェームズ・ブラッドベリー(つま先)とロバート・マクレイン(ハムストリング)、DTバーノン・バトラー(足首)が練習に復帰すると明かした。 

9.バッファロー・ビルズのHCレックス・ライアンはディフェンシブバック(DB)アーロン・ウィリアムスがマイアミ・ドルフィンズ戦でWRのジャービス・ランドリーと激しく衝突した際に負傷した頭部と首のMRI検査を行ったことを明かした。

日曜日の敗戦を喫した試合途中にハムストリングの負傷を悪化させたRBルショーン・マコイに関しては今週も様子を見ながらの判断となるだろうとHCライアンは語った。WRマーキス・グッドウィンは脳震とうプロトコル中で、ライアンはDTマーセル・ダレウス(ハムストリング)が今週にも復帰すると期待している。

10.サンフランシスコ・49ersのHCチップ・ケリーは記者に対してラインバッカー(LB)アーロン・リンチが足首上部を負傷し、CBラシャード・ロビンソンはMCL(膝内側側副靭帯/ないそくそくふくじんたい)を痛めたと伝えた。ロビンソンに関し、復帰時期は未定であるとHCケリーは明かしている。

11.サンディエゴ・チャージャースのHCマイク・マッコイは記者に対してTEハンター・ヘンリーが脳震とうプロトコル入りすると伝えた。また、HCマッコイはDEキャラウン・リードが膝十字靭帯の負傷によって今季絶望となったことも明かした。

12.シーホークスのHCピート・キャロルはRBトーマス・ロールズが第9週のビルズ戦にも復帰する可能性を示唆。ロールズは足の負傷によって第2週から欠場していた。HCキャロルはセーフティ(S)カム・チャンスラー(鼠径部/そけい)に関しては「非常に楽観的」に見ているとし、今週のセインツ戦から復帰するだろうと語った。

13.今週、クエッショナブル登録だったデンバー・ブロンコスのレフトタックル(LT)ラッセル・オカング(脳震とう)がヒューストン・テキサンズ戦に先発出場した。

14.ダラス・カウボーイズのWRデズ・ブライアント(膝)が月曜日の練習に参加。カウボーイズでオーナーを務めるジェリー・ジョーンズは先週、30日に開催されるイーグルス戦でのブライアント出場に期待していると語っていた。

共有する
  • facebook
  • twitter
  • mobile
  • mail
  • RSS

ピックアップ動画1/1更新

NFL JAPAN SHOP.COM

NFL JAPAN通信メールマガジン

NFL JAPAN通信

週1回、無料で配信する「NFL JAPAN通信」(HTMLメール)。NFLに関するホットな話題や現地の最新情報、プレゼントやイベントのお知らせなど充実の内容!さらにセクシー美女の登場も!?ぜひお見逃しなく!

詳細はこちら