• AFC
  • buf
  • mia
  • ne
  • nyj
  • bal
  • cin
  • cle
  • pit
  • hou
  • ind
  • jax
  • ten
  • den
  • kc
  • oak
  • sd
  • NFC
  • dal
  • nyg
  • phi
  • was
  • chi
  • det
  • gb
  • min
  • atl
  • car
  • no
  • tb
  • ari
  • la
  • sf
  • sea

コラム

rss

コラム詳細

待望のNFL新シーズン開幕!【後編】 [生沢 浩]

2016年09月08日(木) 12:01

【AP Photo/Bob Leverone】

【AP Photo/Bob Leverone】

NFCは昨季15勝1敗ととてつもない強さを発揮したパンサーズに、パッカーズ、カーディナルスが挑む。昨年はどのチームもキャム・ニュートン対策に手を焼いた。オフを経て、無策のまま新シーズンに突入することはありえない。その包囲網をニュートンが凌駕(りょうが)できるのか、注目したい。

イーストの地区優勝争いは例年以上に難しい。カウボーイズはQBトニー・ロモが故障のために前半戦を欠場。ブロンコスから解雇されたマーク・サンチェスを急きょ獲得したが、オフェンスのテコ入れには程遠い。LBランディー・グレゴリー、ローランド・マクレイン、ディフェンスエンド(DE)デマーカス・ローレンスらディフェンスに出場停止処分を受ける選手が多いのも気がかりだ。

イーグルスは開幕直前にサム・ブラッドフォードをバイキングスにトレードし、新人QBカーソン・ウェンツを先発に指名した。これが吉と出るか凶と出るか。ジャイアンツは攻撃コーディネーターから新HCに昇格したベン・マカドゥーにより、イーライ・マニングが復活すれば面白い存在だ。QBカーク・カズンズが予想外の成長を見せて昨年の優勝をさらったレッドスキンズもずば抜けた存在ではない。ただし、故障や移籍の影響が少ないという点で地区制覇に最も近い存在だ。

昨季、ノースの王座をバイキングスに奪われたパッカーズだが、やはりその実力は安定している。しかも、32チーム中、最も楽なスケジュールに恵まれ、勝ち星を伸ばせそうだ。ただし、過去2年間でQBアーロン・ロジャースがシーズン終盤に息切れを見せた点は懸念材料だ。これが故障によるものなのか、衰えが起因しているのかは今シーズンにもはっきりするだろう。

バイキングスを推す声も多いが、それはあくまでもQBテディ・ブリッジウォーターが健在という前提の上だ。膝の靱帯(じんたい)断裂で今季絶望となり、急ごしらえでブラッドフォードを先発させる状況ではパッカーズに対抗できない。

サウスは今年もパンサーズの一人勝ちか。オフェンス主導のチームに変貌を遂げたバッカニアーズの躍進に期待したいが、パンサーズを脅かす存在ではない。ファルコンズは潜在能力では十分にプレーオフを狙える位置にいる。

最も熾烈な地区優勝争いを展開するのがウエストだ。カーディナルスはブルース・エリアンズHCが就任してから着実に実力を蓄えており、攻守ともにバランスのとれたチームとなった。現在NFCで最も戦力が整っているといっていい。ただし、ここもQBカーソン・パーマー次第である事実はぬぐえない。カーディナルスの躍進はパーマーが故障なく全試合に出場して初めて成り立つものだ。そして、それが最大の懸案事項でもある。

そういった意味では主力が故障者に強いシーホークスはやはり王者の風格がある。RBマーション・リンチの引退や看板のディフェンスの選手交代など不安材料がないわけではないが、それらを差し引いてもプレーオフ出場はほぼ間違いなく、2年ぶりのNFC制覇の青写真を描く資格は十分にある。

最後に筆者が考えるシーズン前のパワーランキングトップ10をあげておきたい。

1.カーディナルス
2.パンサーズ
3.ペイトリオッツ
4.スティーラーズ
5.パッカーズ
6.ベンガルズ
7.シーホークス
8.チーフス
9.ブロンコス
10.レイダーズ

【ご挨拶】
NFL JAPAN.comをご覧の皆さま、生沢浩です。

3月でいったんは終了したコラムですが、縁あって2016年シーズン開幕にあたり再開する運びとなりました。ストレートニュースとは違った切り口で、いろんな話題を取り上げていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

生沢 浩

コラムニスト紹介

生沢 浩

生沢 浩[いけざわ・ひろし]1965年 北海道生まれ
ジャパンタイムズ運動部部長。上智大学でフットボールのプレイ経験がある。『アメリカンフットボールマガジン』、『タッチダウンPro』などに寄稿。NHK衛星放送および日本テレビ系CSチャンネルG+のNFL解説者。著書に『よくわかるアメリカンフットボール』(実業之日本社刊)、訳書に『NFLに学べ フットボール強化書』(ベースボールマガジン社刊)がある。日本人初のPro Football Writers Association of America会員。

生沢 浩のコラムはこちら>>

  • facebook
  • twitter
  • mobile
  • mail
  • RSS

ピックアップ動画1/1更新

NFL JAPAN SHOP.COM

NFL JAPAN通信メールマガジン

NFL JAPAN通信

週1回、無料で配信する「NFL JAPAN通信」(HTMLメール)。NFLに関するホットな話題や現地の最新情報、プレゼントやイベントのお知らせなど充実の内容!さらにセクシー美女の登場も!?ぜひお見逃しなく!

詳細はこちら