• AFC
  • buf
  • mia
  • ne
  • nyj
  • bal
  • cin
  • cle
  • pit
  • hou
  • ind
  • jax
  • ten
  • den
  • kc
  • oak
  • sd
  • NFC
  • dal
  • nyg
  • phi
  • was
  • chi
  • det
  • gb
  • min
  • atl
  • car
  • no
  • tb
  • ari
  • la
  • sf
  • sea

コラム

rss

コラム詳細

揺れる脳振とう問題 常識覆す練習方法の変更【前編】 [近藤 祐司]

2016年03月04日(金) 14:01

NFLでも脳振とうは問題となっている。AP Photo/John Minchillo

NFLでも脳振とうは問題となっている。AP Photo/John Minchillo

 ハーバード大やコロンビア大など、アメリカ東部の名門校が所属することで知られるアイビーリーグで、アメリカンフットボールのレギュラーシーズン中にフルコンタクトの練習を行わないというリーグの方針が決定したという。

 アイビーリーグといえば、19世紀からキャンパスでアメリカンフットボールの試合が行われており、アメリカンフットボールのルーツでもある。そんな伝統のアイビーリーグがこれまでの常識を覆すようなルールを制定したため、今後、ポップワーナーレベルからカレッジまで大きな影響を与えそうだ。

 これは、アイビーリーグだけですでに禁止されていたスプリング・フットボール(秋のシーズンに向けて練習を行う時期)やプレシーズン練習でのフルコンタクトの練習規制がさらに厳しくなったということだ。

 フルコンタクトの練習を減らすことで選手の脳振とうを減らせるというのは、すでに現場の常識となっている。NFLでさえも、2012年以降、プレシーズンとシーズン中のフルコンタクト練習の時間を制限するようになってから、脳振とうの数は大きく減った。だが、それでも強いチームを作りあげるには、本番の試合と同様にフルコンタクトの練習を重ねることも必要だと言われていた。

このコラムの後編を読む

コラムニスト紹介

近藤 祐司

近藤 祐司[こんどう・ゆうじ]1974年 京都府生まれ
立命館大学パンサーズ時代はアメリカンフットボール日本代表を経験。独自の視点と感性をベースにした実況は、種目を問わず定評を得ている。日本のプロ野球中継や、NFL、NBA、MLBなどのアメリカメジャースポーツもメインに実況している。 日本プロ野球は北海道日本ハム・ファイターズのホームゲームを全試合GAORAで、NFLはGAORAと日テレG+、NBAはWOWOW、MLBはJ SPORTSと多チャンネルで活躍中。7年間の在米経験で得た英語力を武器にした同時通訳と海外取材力は専門記者をも圧倒する。日本では数少ないスポーツ専門のアンカーマン。

近藤 祐司のコラムはこちら>>

  • facebook
  • twitter
  • mobile
  • mail
  • RSS

ピックアップ動画1/1更新

NFL JAPAN SHOP.COM

NFL JAPAN通信メールマガジン

NFL JAPAN通信

週1回、無料で配信する「NFL JAPAN通信」(HTMLメール)。NFLに関するホットな話題や現地の最新情報、プレゼントやイベントのお知らせなど充実の内容!さらにセクシー美女の登場も!?ぜひお見逃しなく!

詳細はこちら