• AFC
  • buf
  • mia
  • ne
  • nyj
  • bal
  • cin
  • cle
  • pit
  • hou
  • ind
  • jax
  • ten
  • den
  • kc
  • oak
  • sd
  • NFC
  • dal
  • nyg
  • phi
  • was
  • chi
  • det
  • gb
  • min
  • atl
  • car
  • no
  • tb
  • ari
  • la
  • sf
  • sea

コラム

rss

コラム詳細

アシスタントコーチでも1億円!夢あるカレッジスポーツ界【後編】 [近藤 祐司]

2016年02月26日(金) 10:00

サウスカロライナ大のHCに就任したマスチャンプ氏。AP Photo/Sean Rayford

サウスカロライナ大のHCに就任したマスチャンプ氏。AP Photo/Sean Rayford

 アメリカンフットボールのみならず、今、アメリカのカレッジコーチ達の給料が上がっている背景にはテレビ放映権の高騰が大きいという。近年の放送技術の進化や放送形態の多様化によって、今はどんなスポーツでもテレビやスマホで生放送で観られるようになっており、その放映権は人気コンテンツとして高額で取引されている。

 3月にトーナメントが行われてピークを迎えるカレッジバスケットボール界に至っては、2011年シーズンから新たな放映権契約をテレビ局と結び、毎年7億4,000万ドル(約900億円)の収入を手に入れている。この収入で、カレッジバスケット界のみならず、大学の体育局、更には、カレッジスポーツ界全体がますます潤うという“ウィンウィン”の構造になっている。

 一昔前まで、アメリカにもアマチュアスポーツは“教育”であり、“金儲けをしてはいけない”というような不文律が存在していた。だが、スポーツの本場であるアメリカは、時代の変化に適応して、アマチュアスポーツにも“聖域”をつくることなく投資を行い、更なるスポーツ界の成長曲線を描き始めているのである。

 日本のスポーツ界も、アマチュアスポーツは“聖域”とされており、時代が変わった今も、昔と殆ど変わらない環境でスポーツは行われている。指導者の方々も殆どが無償で身を捧げている熱心な指導者によってチームは支えられているのが現状だ。

 日本にも1億円稼げるようなアマチュアスポーツの指導者の数が増えてくれば、スポーツ界はもっと変わってくるだろう。選手だけでなく、スポーツ指導者も夢を大きく描けるようなスポーツ界に、日本もなってほしい。

このコラムの前編に戻る

コラムニスト紹介

近藤 祐司

近藤 祐司[こんどう・ゆうじ]1974年 京都府生まれ
立命館大学パンサーズ時代はアメリカンフットボール日本代表を経験。独自の視点と感性をベースにした実況は、種目を問わず定評を得ている。日本のプロ野球中継や、NFL、NBA、MLBなどのアメリカメジャースポーツもメインに実況している。 日本プロ野球は北海道日本ハム・ファイターズのホームゲームを全試合GAORAで、NFLはGAORAと日テレG+、NBAはWOWOW、MLBはJ SPORTSと多チャンネルで活躍中。7年間の在米経験で得た英語力を武器にした同時通訳と海外取材力は専門記者をも圧倒する。日本では数少ないスポーツ専門のアンカーマン。

近藤 祐司のコラムはこちら>>

  • facebook
  • twitter
  • mobile
  • mail
  • RSS

ピックアップ動画1/1更新

NFL JAPAN SHOP.COM

NFL JAPAN通信メールマガジン

NFL JAPAN通信

週1回、無料で配信する「NFL JAPAN通信」(HTMLメール)。NFLに関するホットな話題や現地の最新情報、プレゼントやイベントのお知らせなど充実の内容!さらにセクシー美女の登場も!?ぜひお見逃しなく!

詳細はこちら